街路樹の森

ネザーランドドワーフ、多肉植物、ブライスが中心の趣味ブログ
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

まきますか、まきませんか

「(うんぴ)まきますか まきませんか」



まっ……!

撒かないで頂きたい……!((((;゚Д゚)))))))

(注. そんなアニメではありません!!)


つい先日、ローゼンメイデンのDVDを10本借りて、毎朝出勤前に観ています( ̄^ ̄)ゞ

一期は全部観て、今は二期目の6話まで観たところ。

三期は今度、録画したものを彼氏君が持って来て下さいます





ネジを捲いて動いたり喋ったりするのであれば、ニッキーは性格が良さそう。




ハロハのデフォコートも似合います。


最近、朝晩寒くなりましたね。
今日なんて朝の気温9度ですよ!

9月に一桁台なんて……また長い長い長野の冬が、すぐそこまでやって来ているのですね。



少しブログをお休みします。

一週間か、二週間くらい?(適当)

長い目で見れば、それくらいお休みしてもいいよね!

私は自分に甘いのです( ̄^ ̄)ゞ←威張るな。

それでは!
スポンサーサイト

アルプス公園でエウレカと(4)

この(4)で最後です(≧∇≦)

これまでの(1)~(3)は森見登美彦さん調で綴ってきました。

が。

それだと今回、写真と文章のテンションが噛み合わないというか。

何だか一致しないなと思い……(;^_^A

(4)は語尾を「デスます調」に戻したいと思います( ̄^ ̄)ゞ

※※


誰もいないと思っていた博物館で、不意に声が聞こえ、驚いた私は2階から展望室のある5階へ、一気に階段を駆け上がりました。

「別に逃げることないのに。悪いことは何もしていないのだから。」


うぅ……(>_<)

そうだけど。何かビックリしちゃって。

「まだまだね。」



はぁ……(T_T)

何だか色々なものに負けた気がします。


「ねぇ、シラカバ。そんなに落ち込んでないで見て。景色が綺麗よ。」


やはり展望室だけあって、松本平を一望出来ます。

アルプス公園が標高774mですから、ここは800mくらいあるでしょうか。

高い所が好きな私は、何だかワクワクします(((o(*゚▽゚*)o)))

「ナントカと煙は高いところが好き、と言うしね…」


ん?

エウレカ、何か言いました?



博物館を出た私達は、再び外撮りに興じました。

大きな木です。


エウレカと比べると尚更。


そうそう!
この後、大量の蜂に襲われそうになり、大変だったのです((((;゚Д゚)))))))

どうやら、この大木を寝床にしていたみたい。


「ここまで来れば安心ね」

という事で、また「ブライス@木の股」

笑。


「何だか私、眠くなってきたわ」


クローバーの海に漂いながら。

何だかこのまま、エウレカが埋れてしまいそうでした。


エウレカ、今日はありがとうね。



※※


という事で、これで『アルプス公園でエウレカと』シリーズは終了です。

長々とお付き合い下さいまして、ありがとうございます(*☻-☻*)

アルプス公園でエウレカと(3)

『山と自然博物館』は、岳都・松本の身近な自然と人との関わりを遊びながら学べる施設である。

……らしい。


だが、正直に言おう、

興味がない(言い切った!)

本格的な登山用具や植物標本、小動物の剥製……むむむ(ー ー;)

楚々られぬ。

なら、何故入るのか。

それは標高700m以上まで登ってきて無視するのは勿体無いし(貧乏根性)、

松本マイスターの私は、無料で入館出来る為である(貧乏根性2)。





入るとすぐ、データラボッチが迎えてくれる。


ちゃっかりエウレカを乗せてみる。


「 売店で、データラボッチの縫いぐるみが売っていたよ」


だから何だと言うのか。

阿保を言いなさんな。
只でさえゴチャゴチャした我が家に、何故此奴を迎え入れねばならぬのだ。

絶対に買わんぞ!

……と言いつつ、次回来た時に買いそうで恐ろしい。

本当、最近の自分が信用ならない。



森の動物たちとの背比べパネル。

「私、オコジョとリスには背、勝ってるね(((o(*゚▽゚*)o)))」


そのようである。

今後、ブライスを知らない友人には

「ネオブライスはリス乃至ウサギの背丈である」と説明しよう。

小動物の剥製。
「ねぇ、シラカバ。野兎って……」


「あんまり可愛くないね」


た、確かに……(;^_^A

いやいや。
個体差があるのかも知れぬ。

私は兎と同居しているので、動物の中でも兎贔屓であるが、少なくともこの剥製は全く可愛く見えない。

因みに我が家の歴代兎はこちら

初代兎・ジュジュ


二代目兎・ミジュキ



「この水車、ブライスサイズだね」


……そうなのだろうか?

本物の水車を見たことがないので分からないが、おそらく6分の1サイズと思われる。

(因みにこれは、農作業の1年を表したオブジェ)




砂防学習館も見学してみる。

…なんだかんだ言って真面目ではないか。


「サボレンジャーかっこいい!」


うーん(~_~;)


アメコミのようなキャラクターが砂防について解説している、涙ぐましい大人の努力!

大学院生の頃、チラッと学んだことを思い出してみた。

本当に、「齧った」とも言えない、「舐めただけ」という舐めた話。



2階は登山用具の展示。
「お嬢さん、そんな軽装で山に登っちゃいけないよ」

「ごめんなさい」



いや…ホント、ごめんなさい


ここで、奥の方から博物館スタッフの声が聞こえてきた。

「若いお嬢さんが、人形を持って写真を撮っているよ」

……((((;゚Д゚)))))))

た、たたた退散!

5階の展望室を目指した。

つづく。


※※

えぇ~っと……

(>_<)


長いよ

そしてピントが何処に合わせたいのか分からない写真ばかりで申し訳ございません…>_<…

これ、昨年行った話なのですが、あと一回で終わるハズです。

昨年は全然興味が無かった登山や植物ですが、今はとても興味があるので(人の心の移ろいは分からないものです)、また機会があれば行ってみたいと思います(*☻-☻*)

データラボッチは買いませんよ!

誰かへ向けたメッセージ

毎朝、犬と散歩に出掛けるように。

夫婦でウォーキングを楽しむように。

ブライスを連れて写真撮影をして何が悪い?

笑。



今朝はルネ(アイスルネ)と早朝散歩へ。

「朝日が眩しいのぉ」


本当に今朝は良いお天気

運動会日和です(^-^)

「運動会やるよ~」の合図の空砲が、秋空を響かせていました。

「どうした?シラカバ。元気がないのぉ。こんな良い天気じゃのに。」


いや……ブログの方向性が分からなくなって。

考え出したら、そもそも私、人生も迷走中だなって。


「かっかっか!!

我が主様は、筋金入りの方向音痴じゃのぉ。」


(よく言うよ、あなたも迷子中でしょうが。)


「まぁあれじゃ。ワシくらいになれば、『若い時は多いに迷え』と言いたいところじゃが。

それじゃあ、迷おてる者の答えにはならぬだろうて。」




「『迷え、しかし焦るな』と言っておこうかの。」



「焦って走っても、躓いて転ぶのが関の山じゃ。

我が主様は運動オンチなうえに、リズム感もないよってに。

かっかっか!」




「途中途中で、止まりながら、ゆっくり花でも眺めて生きれば良かろう。」



「適当に生きれば良い。」




花よ咲け
何も咲かない
そんな日は下へ下へ
根を伸ばせ



この町にも日が昇ります。

アルプス公園でエウレカと(2)

本日は、9月8日記載のアルプス公園でエウレカと(1)の続きをば。

いやぁ~前回、アルプス公園に行く手間で終わっていましたね





前回(今年の初春)来た時は息も絶え絶え、着いた時には着いたことに満足して「もう帰りたい」と思ったものである。

まぁ、あれは急勾配の往路に加え、迷子になったというのも要因ではあるが。

今回はエウレカ(シンプリーペパーミント)を撮影しながらであった為か、はたまた私が知らぬうちに健脚になった為か、意外と楽しく登って来られた。

何しろ、フレアスカートにヒール付きパンプスで標高700m以上のアルプス公園へ辿り着いたのだ。

完全に舐めている。

まぁ良い。
山の神から罰を与えられるのなら、それはまた今度……ということで、着いた記念にエウレカを撮影。






「随分高いところまで登ってきたようね。」


うむ。やはりブライス撮影は太陽光に限る。

気の股に座らせてみる。

股1


股2


股3


おぉ! 木の股が似合うなぁ…まるで木の股から生まれたようだ。

「股股うるさい!しかもそれ、語弊を招くから」



失礼。では今度は石に座らせてみる。

石1


石2


石3


なんと…!
絵葉書のようではないか…と自画自賛してみる(照)

足元をよく見ると、半日陰(木漏れ日が差す場所)にはクローバーが群生しているのだが、反対に日当たりの良い場所ではクローバーは殆ど見られない。

その代わり、芝生が土壌を覆っている。



これはクローバーと芝生のニッチの差を顕しているのではないだろうか。




説明しよう!(←誰!?)

ニッチ 【niche】

生態的地位の意。

1つの種が利用する、あるまとまった範囲の環境要因。

ある生物が適応した特有の生息場所、資源利用パターン。





同じニッチを持つ者は共存出来ないと言うが、こうしてきちんと譲り合って生きている姿を目の当たりにすると、小さな感動を覚える。

……などと考えながら、似非森ガールは黙々とブライスの撮影を続けるのであった。

つづく。




次回は、アルプス公園内にある『山と自然博物館』の様子をお伝えします*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

入村してみました

魑魅魍魎犇くブライスブログ村に入村してみました((((;゚Д゚)))))))


大丈夫だろうか、私。



不安過ぎる……



OFも作れない、カメラの腕もヘナチョコです。



「君に何が出来るんだい?」と問われたら、外撮りが割りと平気で出来るということだけです。



こんなブログですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。( ̄^ ̄)ゞ

シラカバの幹

ドールハウス途中経過

ドールハウスが欲しい!と思いはするものの、いざ作ろうとすると、お仕事やお出掛けを理由になかなか進まず……(>人<;)

今はこのような感じで止まっています( ;´Д`)


何故、このような色使いにしたのかは遠い記憶で思い出せません。

つまり、それ程、作っては止めて…を繰り返しているのです。



昨日久しぶりにパルコへ行ってみたら、季節は移ろいで、ファーやブーツ等の秋物が店頭に並んでいました。

そう言えば、最近自分の服を買っていないな~と思いつつ、購入したのは……



何故かブライスサイズの振り子時計。(笑)

電池式で、ちゃんと時計は動きます。
ネズミの振り子もユラユラ揺れます。


いろいろ種類がある中で、1番奇抜なものを選んでしまいました

ルカさん。
ど、どうでしょうか?



「まぁ、いいんじゃない?

奇抜なデザインも、元々色使いが奇抜なこの部屋に溶け込んでいるし。」



褒められているのか、貶されているのか。微妙な感想。


「何とか、部屋に見えなくもないよ」


「でも、まだまだ改善点はあるわね!」



えぇ、えぇ。

それはもう。改善点だらけですよ。

「引き続き、よろしくね!」(上司?)


畏まりました。(部下?)




ということで、以上。
ドールハウス進捗報告でした( ̄^ ̄)ゞ

ウサギのはなし

台風一過!



えぇっと、あなた誰でしたっけ?

バニラの香りで、花言葉は確か、「恋の予感」……

ああ!思い出しました(((o(*゚▽゚*)o)))
ネメシアメロウです!


HCでは、グリーンネックレスと謳っていたものの、私にはピーチネックレスに見える子。


花芽が上がって来ました(^з^)-☆


ですが多肉植物の花はのんびり屋さんなので、蕾をつけても花が咲くのに数ヶ月かかる子もいます。

宇宙と更新中……笑。



私は植物を本格的に育て始めて、まだ1年目のヒヨッコです(>人<;)

ですが、ブライス初期者のように(笑)、一日中植物の事で頭の大半が占められていた時期がありました。


本当に、今思えば少し狂っていたかも?(笑)

仕事が忙しくて、帰宅が0時近くになった日でも、その翌日は朝4時に起きて、植物の寄せ植えを作っていたり。

欲しい苗が安く手に入ると聞き、脚のつけ根程にまで積もった雪道を、3時間かけて歩いて出向いたり……笑。

今はだいぶ落ち着きましたけれど、植物達は、今も変わらず大切な存在です。



そもそも、何故急にガーデニングに目覚めたかと申しますと、初代兎が亡くなったのがきっかけです。

今うちにいるミジュキは二代目兎なのです。



変な顔……笑。

大切な存在、と一言で語れない程、私には大きな存在だった初代兎のジュジュ。

出来る事なら、私が代わってあげたかった。

彼女が亡くなり、死が蔓延したこの部屋に、何か生きているものが欲しい。

そう思って花屋で購入した多肉植物がきっかけでした。

多肉植物の凄いところは、落ちた葉っぱからも根が出て芽が出て増えるところです(*☻-☻*)




ミジュキ、扉が閉められないよσ^_^;


二代目兎はお得ね。

先代の分まで愛情が貰えて。



「ん?」


「取らないで!」


誰も取らないよ……(;^_^A


今日は初代兎ジュジュの月命日。

晴れました

本日3回目の投稿。(暇人か!)

「晴れたでー



結果から申しますと、行ってきました。

歩いて数分の武家屋敷(笑)



でも想像していたよりショボ……ゴホンゴホン。

小さかったです。



なんて言うか、昔懐しおばあちゃんの家、のような。



まぁ、下級武士の家だからですかね。

「敵が来る……!」(勘違いです)



「ささ。姫!こちらへ!」(忍者設定のようです)


「楽しかったなぁ」


うーん…そうかな。


不完全燃焼の私は、帰り道、公園へ寄り道しました。



コスモスとブライス。



コスモスは背が高くて一緒に撮りにくいんだよなぁ……って、これ去年も思ったことでした。



比較的、背が低いコスモスと。


ベンチに腰掛けて。


「鼻がコショバイ(くすぐったい)」


公園の奥に、小川がありました。


今まで小川の存在を知らなかったです。


これにて、本日のお散歩はおしまい。

ひたすら写真がダラダラと続く、この記事を最後まで見てくれた稀有な方。

ありがとうございました(>人<;)

雨が降ってきました

さてさて(*☻-☻*)

雨が降る前に、玄関先で撮った写真を。



ニッキーラッドのニッキーです。

関西弁です。

私も、実家に帰省すると関西弁に戻ります。

「斑入りのグリネ、結構伸びたんとちゃう?」


お陰様で、夏越しが難しいと言われる斑入りのグリーンネックレスも消滅せずに済みました。

長野パワー(笑)

「なぁなぁ。クランベリー食べてもえぇ?」


赤くなっているのだけね。

ねぇニッキー。

今日、近くの武家屋敷に行こうと思うの。

「ほんま?



でも、この雨じゃ無理そうね…

「……ほんま?


「早よ、雨上がらんかなぁ」

これから大雨

前の記事に沢山のコメント・拍手を頂き、ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まだブログを開設して1ヶ月も経ちませんし、どのジャンルのブログ村にも入っていない辺境ブログにも関わらず、こうして皆様に来て頂けて、本当に本当に嬉しいです(^з^)-☆

今、ブライスブログ村に入村するか否かを検討中です。

ブライス以外の記事を、たまに載せても怒られないかなぁ……とか。笑





何だか寝ている間に雨が降ったのか、地面が濡れています。

多肉植物たちが花芽を上げ始めました。


エケベリアは良いのですが、子持ち蓮華はご遠慮願いたい(;^_^A


何故なら、花が咲くと枯れるという悲しい運命だからです。



因みに、上の寄せ植えに用いています巣箱風プランターと、こちらの鎧戸は同じ製作者です。



扉を開けると、こんな感じ。

黒板の文字も、製作者のとんかちさんが書いて下さったもの。

意外かもしれませんが、バリバリの大阪のおっちゃんです。

ブログも関西弁で書いています。

とんかちHandmade



せっかくの扉が見えないよ




アルブカスピラリスフリズルシズルは冬型なので、新芽がニョキニョキ出てきました。


もう少し日に当てた方が良さそう。
紫外線に当たると葉先がクルクルに丸まる不思議系植物。



まだ続きがあるのですが、長くなりそうなので次の記事に(u_u)

スピカと早朝散歩

mizuki様カスタムのミディブライスの名前が決まりました*\(^o^)/*

というか、お迎えする前から決まっていました(汗)

スピカ=スピラリス

です‼

スピカは春の夜に青白く輝く乙女座の星。

スピラリスは、多肉植物のひとつ、

「アルブカスピラリスフリズルシズル」という呪文のような名前から(笑)

どうぞ、スピカをよろしくお願い申し上げます。







で。


今朝、植物達のお世話をして、ミジュキ(ネザーランドドワーフ)のケージのお掃除もして。

それでも出勤準備をするにはまだ早く……これはもう行っちゃう?

ということで、スピカを連れて早朝散歩に出掛けました(≧∇≦)



木の窪みに座ってみせたり。


小さいのに、妖艶な表情。


明け方の、弱い光にも瞳がキラキラ輝いています。


まるで、これから始まる今日が特別な一日であることを示唆するよう。


ねぇ、スピカ。

「…なぁに?」


(喋った……!)

うちに来てくれてありがとうね。

「ふふふ。

いいえ。どういたしまして。」



外撮り恒例(そうなの!?)
クローバーの絨毯に寝転ぶ、の画。



ゴロゴロ…



「さて。朝食のパンを買って帰りましょうか。」






正直申し上げますと、私、スピカのスペシャル感に圧倒されて、仲良くなれるか不安だったのです。

人形に対しても人見知り…と言いますか(笑)

でも今回、少しの時間でしたが(時間にして20分くらい)、一緒に散歩をして、とても心優しい子だと分かりました。

お人形にリードされる形で(笑)、少し仲良くなれた気がします。

小さな女神

今日、庭を散策していたら嘘です、盛ってみました)

狭小ベランダに出たら、五葉のクローバーを見つけました



ねぇ、ミジュキ。見てみてー

と、うちの兎に見せたら……

食べられちゃったΣ(゚д゚lll)

「美味でした」


あぁ…私の五葉のクローバーがぁ



夕方、何だか空が綺麗だなぁと思ってパチリ



電線が邪魔だなぁ。
外国みたいに、電線を地中に埋めたらいいのに。

と思いましたが、地震大国の日本では、それは難しいのでしょうね。

そんな他愛ない事を考えていたら、

ピンポーン

待ち人来たる。

ジャン!


ジャジャン‼


ジャジャーン


詳しくはまた明日以降に書きますが(撮影も、また明日以降に太陽光の元できちんと撮りたいですし)、とっても可愛いカスタムミディさん

否。

ミディ様がいらっしゃいました(((o(*゚▽゚*)o)))

静かに微笑む美しい女神様のよう。
今夜はこの子に見守られて、良く眠れそうですw

実は最近、体内時計が崩れ掛けていたのですが。

あぁ美しい!
最早アートです。

うちの子、皆よく喋るのですが、この子も喋ってくれるだろうか?

これから時間をかけて、徐々に距離を縮めていきたいなと思います。

miz*iro*laboのmizuki様、この度は本当にありがとうございました!

サンシャインホリディ!

私のお仕事はカレンダー通りではありません。

なので本日月曜日は、私にとってはホリディ

そして今日は久しぶりの快晴

という事で、サンシャインホリディのアンシー登場w


ブログ廻りをしていると、

「サンシャインホリディは4色ともデフォルトアイだし、日焼け肌っ子にしては地味」

という内容が書かれているものを見つけ、

え~そんな事ないよー…>_<…

と反論の意味も込めてw


本日は【サンシャインホリディの魅力を再認識する】をテーマに(*☻-☻*)

まぁ確かに。
スターダンサーやマヌヘリイパラダイスガールに比べれば、特別感は少ない子ですけどね

だからこそ、自分カラーに染め易い子でもあるのです!

デフォはギャルっぽい格好をしていますが、髪型や服装でお嬢様に化けますw

彼女、日焼け肌にピンクの薄いメイクがとても上品ですし。





実際、我が家のアンシーは、1番大人しく遠慮がちな性格です。

皆の後ろから着いて来て、意見を求められても

「私は、皆様の意向に従いますわ。」

と、なかなか前に出ない子。

前に出ないのが良いかと言われれば、必ずしもそうとは限りませんけれど。人によってはイラっとされる方も居らっしゃるかもしれません。)

左右の目は勿論、正面ピンクも可愛い(≧∇≦)


苦手な正面オレンジも、全く違和感無く。



因みに。

アンシーのフルネームは、姫宮アンシーというのですが、これは少女革命ウテナというアニメから来ています。

『カシラカシラ御存知かしら?』



おまけ。

今日は天気が良いので、多肉植物達も日向ぼっこ

実際は、この3倍以上います。



単品管理の多肉棚。


生きる宝石、リトープスも少しだけいます。


おわり(^з^)-☆

アルプス公園でエウレカと(1)

アルプス公園の標高は774m。

周囲の勾配が急である為、車かバスで行くことを強く勧める。

私のように自転車、しかもママチャリで行こうという者は余程健脚の持ち主か阿呆である。

私は阿呆のうえに貧乏故、選択肢が徒歩か自転車しかなかったという……(泣)

行きは急勾配過ぎて自転車を押しながら徒歩で向かうしかなく。

帰りはこれまた急勾配過ぎて止まれず、ブレーキ音を響かせながら猛スピードで駆け降りた。




途中、エウレカをバッグから出しては撮影、を繰り返す。




前述のように徒歩や自転車に乗った者は皆無である。

時折車が通り過ぎようと、面の皮が意外と厚い(というか、新たに自身の変態性を見出した)私にとっては羞恥する相手ではない。



うむ。コスモスとブライス。なかなか季節感があって良いではないか。





だいぶ標高が高くなり、私が望んでいた「森感」が出てきたところで再びエウレカを撮影。




この手入れが行き届いていない下草が、実に良い仕事をしている。



この時、マウンテンバイクに乗った若い男性が、怪しげに此方を見ながら通り過ぎるのを後頭部で感じた。

むむむ。
何を見ておる、変態め!(変態はおまえだ)



続きはまた後日。

相変わらず語尾が揃わないブログで申し訳ございませんσ^_^;

今回は森見登美彦さん調で。

理系女子の会話

「……来ないわね」

「いらっしゃいませんねー」



「何処かで迷われているのかもしれませんね」

「もう私、寝ながら待っていてもいいかしら?」



「倫子さん、昨日も研究室に泊まりでしたものね。」



「えぇ。でも何とか、カタチにはなったわ」



「そう言えば来週から二週間、アマゾンへ調査ですよね?」

「そうなの。まぁ、サンプルが無いと話にならないからね」

「美緒はどう?最近」

「私も何とか。
一昨日、教授と相談しまして、大まかなストーリーは出来上がりましたので。

あとは今の実験で綺麗な数値が出ましたら、そのまま論文を詰めていこうかと。」



「そっか。順風満帆って訳だ。」



「いやぁ~そう言う訳でもないですよ。何か色々考えちゃいます。

大学の同期の女の子は結婚しだして、子供がいる子もチラホラですし。

就職した子はバリバリ働いて、どんどん重要なポストを任せられていて。

私、このまま研究室に残っていいのかな~?なんて……」



「そうよねー…

私も美緒ぐらいの頃、色々迷ったよ。研究で食べていく、と腹が決まったのなんて、ここ2、3年の話だし。

でもね、どんな道に進もうが皆迷うんだよ。特に女の子はね。

美緒も後悔しないように、今沢山迷いなさい。

美緒がどんな道に進もうと応援するよ。いつでも相談にのるし!」



「ありがとうございます!」



「それにしても…」

「いらっしゃいませんねーσ^_^;」



レンガの小道で」の続き。

ルネが迷っている頃、待ちぼうけを食らっている子達の様子です。


私の中で、

白雪倫子(レッドデリシャス)は研究員。
美緒(ベリーヴィッキー)は大学院生という設定です。

休日のetc.

先日チラッとアンシーが言っていましたが、古道具屋で小学校の教室にあるような、椅子と机を仕入れて来ました。

でも只でさえ狭いベランダ。

(まぁ、鉄筋コンクリート・風呂とトイレ別・日当たり良好・フローリングの1Kで、家賃を月1万5千円も値切ったのだから、文句も言うまい。)

椅子と机をベランダに置くと、狭くて通れないYo !

……なので、椅子だけベランダに配置。



ちなみに椅子の上の寄せ植えは、本日作成したばかり。


夏の間に徒長した子たちを寄せ集めただけですが。



そして机は玄関前へ。


机の上が寂しいのはワザとです。
多肉植物を置いているのはカモフラージュ。
真の目的は、ブライス撮影用!!

1フロアーに2部屋しかない小さなアパート。
私の他には、単身赴任中らしい若いパパが隣に住んでいるだけなので、さほど人の目は気になりません。



それから、伸び切った蔓性植物(主に野葡萄とモッコウバラ)の剪定と軽く誘引をば( ^ω^ )

ですが近々、ラティスが届いたら誘引し直すと思います。

あーー……


面倒くせぇ

心の声がだだ漏れですw


あとは…

県外に住む彼氏(というより、限りなく「気の合うダチ」に近い)に借りたアニメのDVDを観て、コミックを読んで、たまに家事をしてσ^_^;


一般的な20代女子は、もう少し華やかな休日を過ごしているのでしょうが





ところで
私、今日始めてクロス・ステッチというものをしたのですが、難しいですね。

こんな物をブログにアップして良いか分かりませんが、裁縫スキルゼロの人間が、試行錯誤したんだなと生暖かい目で見て下さい。



不器用を棚にあげて、布が悪い!という事にしておきましょう笑

ちなみにこれ、キノコのつもりです

放課後の教室で

放課後の教室は、金木犀の香りで満たされていた。



窓の外、遠くからトランペットの音色が聞こえてくる。

先程からずっと、同じところでつまづき、同じフレーズを何度も繰り返していた。




「私みたい…」

美緒は小さく笑った。
小さく、弱く、自嘲的に。

「結局、私は何も変われていない」




「さて。帰りますか!」








近くの旧校舎で昔、撮影したものです。

(旧校舎や古い洋館が、家の近くに沢山ありまして。)

どの写真もピントがあってないですね…すみません

秋の気配

ギラギラ痛いくらいに照り付ける夏の太陽は去り、いくらか呼吸がしやすくなりました。

ひと雨毎に秋が近付いています。

多肉植物に興味を持ち、集めだしてから始めての夏でしたが、冬越し程苦労をせずに済みました。


黒法師は早くも休眠から覚めました。
(ゲリラ豪雨で雨に当たったのがキッカケです)



「秋の匂いがする……」


「ふぁ~…よく寝た。」

「あら、エウレカ様。おはようございます」


「アンシー、なんなの?このボロい椅子は…」

「シラカバ様が、古道具屋で仕入れていらっしゃった物ですわ」


「それはそうと、アンシー。
もうすぐ雨が降りそうだから、家に戻った方が良さそう。」

「秋雨…ですね。」




エウレカ/ シンプリーペパーミント

姫宮アンシー/ サンシャインホリディ

うさラッチ

おちり激写(^з^)-☆


おちり~


「うさラッチはやめるでし


……怒られました…>_<…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。